俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

潜伏期終えて朝日の差す桜

作者 石垣  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

コロナウイルス感染の疑いがあるため、自宅で発症に怯えて過ごした潜伏期から解放されて見た朝の桜の美しさを表現しました

最新の添削

潜伏期終えて桜に朝日差す

回答者 いなだはまち

石垣さま
初めまして。

長い間お疲れ様でした。
今のお気持ちがしみじみ伝わる良句かと存じます。
今は、東京が封鎖されないことを祈るばかりです。

御句、やや桜の説明っぽく感じますので、語順を入れ替えてはどうでしょうか。
桜は作者そのものですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏清し詰め放題のパンを提げ

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

朝食はビユツフエ雪見の古旅館

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

試歩の子の腰から崩れ夏の雲

作者名 たけたけ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『潜伏期終えて朝日の差す桜』 作者: 石垣
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ