俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

スマホ閉じなお我照す月光よ

作者 ひじき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜道でスマホを操作していて、終わってスマホの電源を切ってふと目を前に向けると、スマホを使っていたときには真っ暗だと思っていた周囲が月の明かりで明るく照らされていたことに気づき、なんだかハッとした気持ちを読みました。
「月光よ」の部分は「満月よ」の方が雰囲気が出るかな、と最初は思ったのですが、実際の月は満月ではなかったし、素直に読みたくなったのでこの表現にしました。
その次に「げっこうよ」でなく「つきあかり」としてもいいかも、とも思ったのですが、「つきあかり」だと月の光が主役になり、「げっこうよ」だと詠嘆の「よ」の効果で月の光を感じてる自分自身が主役になるように感じて、少し迷ったのですがこの形にしました。
ところで月光って季語なんですかね?
ちゃんと勉強もせずに、なんとなくな感覚で読んじゃってます。

最新の添削

スマホ閉づ我を射るかに冬の月

回答者 いなだはまち

磯野ひじき様
よろしくお願いいたします。

瞬間を詠む感性は素晴らしいと思います。
俳句は、自分だけの視点を好みます。
明かりを消した瞬間も、闇の深さを知る瞬間だったりしますよね。

季語の問題ですが、月が付いて季節の言葉がなければ、秋の季語になることが殆どかと存じます。
今の時期を詠まれるのでしたら「冬の月」
を登場させるのもありですね。

主役云々ですが、俳句は作者の視点ですのでどんな風に詠んでも主役は作者です。
ただ、せっかくの季語を立てた方が、読者はより季節感を感じるかと存じます。
以上を踏まえてご提案申し上げます。

参考になれば幸いです。
ご一読いただきありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

氷張り底のめだかにノックする

作者名 春野ぷりん 回答数 : 6

投稿日時:

宇宙より桜前線走り来る

作者名 そうり 回答数 : 3

投稿日時:

紫陽花や雨にうたれて活きており

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『スマホ閉じなお我照す月光よ』 作者: ひじき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ