俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

卵酒沁みこむ朝の日差かな

作者 本田太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

卵酒が体にしみこむのと、朝の日差しがしみこむのを掛けた。

最新の添削

「卵酒沁みこむ朝の日差かな」の批評

回答者 大泉洋二郎

はっ?

まさか!御自身は俳句が「上手」だと勘違いなさっていらっしゃるのですか??

そもそも自己満足で一向に構わないのですが俗に言う「下手なグループ」であることは紛れもない事実ですよ。

俳句を続けられるのでしたら一から学び直された方がよろしいかと存じます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

コロナ禍で不要不急の大銀河

作者名 黒徹 回答数 : 3

投稿日時:

マスクして別人格が疼きだす

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

詠むことぞ読んで力に夜半の春

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『卵酒沁みこむ朝の日差かな』 作者: 本田太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ