俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遮断機の降りて足踏むそぞろ寒

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

入力ミスの修正方法を知りたい。

最新の添削

「遮断機の降りて足踏むそぞろ寒」の批評

回答者 04422

こんばんは!
久田様に一つご質問があります。
平果様が御句にお褒めのコメントを述べていますが、普通だったら「いいね!」をクリックしてお礼のお言葉の代わりを申しても良いのではないかと思いますが・・・
個人的な事に若輩者が申すべきではありませんがそれが礼儀だと思いましたので。
悪しからずお節介をお許しの程を。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遮断機の降りて足踏むそぞろ寒」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
そうですね。群れ来たりの方が動きがあります。
ありがとうございました。
御句「足踏む」も「足踏み」の方が良いかと思いますがどうでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「遮断機の降りて足踏むそぞろ寒」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

再度こんばんは!
コメントに入力ミスの修正方法を知りたいとありましたが再投句して入力ミスで再投句しましたのでしか方法はないと思います。又、コメントで述べる方法。その位ではないのではないでしょうか?
その他は管理人様に尋ねてみる事だと思います。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「遮断機の降りて足踏むそぞろ寒」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

実感を伴って理解できる句ですね!

早く我が家に帰ってゆっくり温まりたい、この踏切を渡ればもうすぐそこだ、という時に、無慈悲にも降り来る遮断機。ちぇっと舌打ちの一つも出したいところだが、電車のダイヤに怒っても仕方なし、ただ黙して足踏みをし、暮れる秋の寒さに堪えている...。

足踏みの動作が、遮断機への腹立ちを紛らすものであったり、体を動かして冷えないようにするものであったりする点が面白いですね。

点数: 0

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白靴や自粛を聞かぬダーツバー

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

秋灯下ひとり無言の轆轤の座

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

人影や爪痕のごと秋夕焼

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遮断機の降りて足踏むそぞろ寒』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ