俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

若き日の妻との想い霧の中

作者 日野寅馬  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年老いて若い頃のことは全部夢の中です。

最新の添削

若き日は霧中になりし妻の笑み

回答者 丼上秋葵

こんにちは!
こと恋愛に関しては、無糖珈琲を何度もがぶ飲みさせられている、おくらです。

お墓参りの句といい、日野様は心から奥さまのことを愛しておられたのですね。作句の端々から、奥さまに対する慕情ともう会えなくなってしまった悲哀が滲んでいます。

ですが、それだけ大事に「想」ってもらえた奥さまは、本当に幸せな人生を歩まれたのだろうなとお察しします。

提案句は、奥さまの〈幸せ〉を「笑み」で映像化し、「霧中」と「夢中」を掛けて見ました。

死してなお、こんなにも想ってもらえるなんて、故人は本当に幸せ者だと思いますし、そこまで愛する人と添い遂げることができた日野様も、とても幸せ者だと思います。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

初蝶の貪る空や地鎮祭

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 7

投稿日時:

夕焼けに背中押されて深夜勤

作者名 なおじい 回答数 : 25

投稿日時:

麦わらのさき雲立ちて波光る

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『若き日の妻との想い霧の中』 作者: 日野寅馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ