俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

セツナイネ信濃に駆け足の冬が来る

作者 田中喜美子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

セツナイネ第3弾

最新の添削

セツナイネ信濃に駆ける冬の足音

回答者 丼上秋葵

おはようございます!
風邪気味のおくらです。

寒い日が続いておりますね💦
卒寿を迎えた御体、本当にお大事になさってください。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきますね。

最近は、春夏秋冬の春と秋が本当に短くなりました。私は秋が一番好きな季節なので、その余韻を長く楽しめぬまま、すぐ冬の到来を迎えるのは、とても寂しく感じています💦

田中様も、私と全く同じではないとは思いますが、早すぎる冬の到来を憂いていらっしゃる、その溢れんばかりの気持ちが、字余りにまで顕れているものと、私は読み取りました。

音読した際に、中九の字余りがあまりにももたれる感じがしたので、田中様の句意はそのままに、座七の字余りに調えてみました。上手く汲みとりきれておりますでしょうか💦

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

まだ読まずやさしい心育つ本

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

梅薫る入部初日の帰り道

作者名 南風の記憶 回答数 : 3

投稿日時:

入園バスまるでおしんの最上川

作者名 小西晴菜 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『セツナイネ信濃に駆け足の冬が来る』 作者: 田中喜美子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ