俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山月記閉じて消したる秋灯

作者 丼上秋葵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

山月記には『 』をつけてお読み下さい。
投句がはじかれてしまいました💦

オチが見え透いてしまった物語程、興ざめなものは無いです。中島敦の『山月記』は名作だと思っています。

ネットでは「海豹」を三春の季語とするサイトがいくつか見受けられたのですが、確かに、書店に並ぶ歳時記をパラパラめくっても「海豹」の二文字は見当たりませんでした。なんとか権威のある典拠をさがすべく、旅に出ることにしました。しばらく捜さないでください。

「餌」を古語では「え」と読むことは初めて知りました。ありがたく勉強させていただきます。

一目大人しそうに見える「あざらし」も怒りで「海豹」に〈豹変〉する。季語だとしたら、これ以上の選語は無いと思っています。

ご指摘を踏まえて

◆あざらしや吾子護りて海豹や

で最終稿とします。

寒暖さの激しい日々が続いております。
皆様もご自愛くださいませ。

最新の添削

「山月記閉じて消したる秋灯」の批評

回答者 大泉洋二郎

大泉洋二郎です。
句意は読み手により異なると思いますので
言い過ぎがございましたらお詫び申し上げます。
秋時雨は寒さも内包しながら物悲しさが優先される季語だと思います。
見事にお題に跳ね返されました。
暫くしましたら時雨で詠んでみたいと思います。
またご指導お願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山月記閉じて消したる秋灯」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
疑問にお応えします。 
語調を整え、強意を表す強めの助詞と捉えてください。
例えば「生きとし生ける」の「し」や「信濃にありし木曾路川」がその例です。
過去の助動詞「き」の連体形ではありません。(旺文社 古語辞典)より。
御句「山月記・・・」読書家ですね。ましてや詩歌に関連する難しい本とは将に
好きこそものの上手なりそのものです。よろしくご指導お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「山月記閉じて消したる秋灯」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句草紅葉に嬉しいコメントありがとうございます。
とことんけなされていましたので含蓄あるお言葉将によくど深く読み取っていただいたなあと少しほっとしています。
山月記は当方の読み違いです。と言うか、おくら様の句に対する情熱はコメントからして並大抵なものではないなと感じていますので・・・
あんなにコメント出来るなんてと感心しています。
一つも上手くは出来ませんが(下手の横好きとも言えない句ばかりです)よろしくご指導お願いします!

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

傘の列先をたどればカキ氷

作者名 これさん 回答数 : 1

投稿日時:

怪しげに何を占う梅雨の月

作者名 松本まゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

芋煮会立つ湯気風にのりて空

作者名 感じ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山月記閉じて消したる秋灯』 作者: 丼上秋葵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ