俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

聞き反すことの多くて夜の秋

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

老人の営みの哀れ。

最新の添削

聞き反すことの多くて暮の秋

回答者 一本勝負の悠

季語を勘違いしてないかな? ◆夜の秋(よるのあき) 晩夏
2011/02/05
【解説】
夏の終り頃、夜になると涼しく何となく秋めいた感じのすることが
ある。立秋も近く去りゆく夏に一抹の寂しさを感じたりする。

【例句】

玉虫の活きるかひなき夜の秋
暁台 「暁台遺稿」

俳諧の寝物語や夜の秋
赤星水竹居 「雑詠選集」

片よせて宵寝の雨戸夜の秋
石橋秀野 「桜濃く」

家かげをゆくひとほそき夜の秋
臼田亜浪 「旅人」

尽?の余香ほのかや夜の秋
日野草城 「花氷」

凭り馴れて句作柱や夜の秋
松本たかし 「たかし句集」

灯の下の波がひらりと夜の秋
飯田龍太 「童眸」

石鹸のにほえる娘夜の秋
長谷川櫂 「蓬莱」

~きごさい~

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落ちながら風を生み出す秋の滝

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

頂から見ゆる塵埃蔑ろ

作者名 泥梨蝃蝀死屍累累 回答数 : 2

投稿日時:

冬帽子フェンスの先の鬼と缶

作者名 ドキ子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『聞き反すことの多くて夜の秋』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ