俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ドドォーン浴衣小走り手繋ぎて

作者 鳥居文雄  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花火の音が聞こえ始めたが、会場に行く途中で、ビルで遮られて、花火が見えない、二人の様子。

最新の添削

「ドドォーン浴衣小走り手繋ぎて」の批評

回答者 いなだはまち

初めまして。
花火の光景ですね。花火と浴衣や団扇は、一緒に詠み込みたいところですが、季重なりになりますので、悩ましいですね。
ドドォーンで花火を表現されたのだと思います。
季語は、「揚花火」として、上か下に置いて、残りの12音を会場での小さな発見とかを表現してみてはどうでしょう。
添削できず、すみません。
宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

改札を子どもに任す夏休み

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

着ぶくれの隙間を抜ける深呼吸

作者名 ドキ子 回答数 : 3

投稿日時:

鎮魂碑洗ふしきたり年用意

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ドドォーン浴衣小走り手繋ぎて』 作者: 鳥居文雄
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ