俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

愛犬が庭で臍出し風光る

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暖かくなってきたら家の犬は庭でひっくり返って遊んでいます。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「愛犬が庭で臍出し風光る」の批評

回答者 腹井壮

白井百合子さん、こんばんわ。いつも御世話になります。
別に謝る事はないんですよ。あの句は自分自身の事か他人を見ている光景なのか第三者にははっきりと判別できないですからね。

さて、原句は犬が風を浴びなががら春を感じているのですね。春の到来は犬にとっても嬉しい物でしょう。
気になったのは助詞の事で俳句や本格川柳では「でばがには」を使う時には慎重にと指導されます。なぜかというと説明的なイメージになってしまうからです。実際に原句をよく見ると「が」と「で」を二つ使っている為やはり説明的になっています。また、犬は普段服を着ていないのでお臍を出しているのは当たり前で仰向けになっている事を想像させるように仕向けなければなりません。そうすると

臍丸見せの庭の犬風光る

と破調させて表現するしかありませんでした。参考程度に。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

最後にね一言だけをいなだ様

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

沈丁やセーラーの襟やり直し

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

哀歓の同じに鳴くや四十雀

作者名 岩﨑治夫 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『愛犬が庭で臍出し風光る』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ