俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風薫る国境なき池の坊

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

多種多様な池の坊

最新の添削

「風薫る国境なき池の坊」の批評

回答者 鉄道員

初めまして。宜しくお願いいたします。池の坊で知っている事といえば、御生花、自由花、立華、ぐらいのものですが、そんなにも世界中に広まっているとは思いませんでした。若い頃に叔母から少し手ほどきを受けたこともあり、今でも花展を見つけたりしたときは少し覗いてみたり、プレパトを見たりしています。京都に行った時の句ですが  〖池の坊立華の匂ふ六角堂」なんて初生けをイメージしました。失礼致しました。

点数: 1

添削のお礼として、鉄道員さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熟れ柿の落つる音にて吾は寝覚め

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

遅ざくら南斜面の風ぬけて

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

軽やかな庭師の鋏冬ぬくし

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風薫る国境なき池の坊』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ