俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菩提寺の裏庭繁く竹の春

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

竹の春二句詠んでみました。こちらは孟宗竹です。

最新の添削

「菩提寺の裏庭繁く竹の春」の批評

回答者 ハオニー

三音で全てを壊してしまいましたね...

繁くとは「しきりに」という意味です
「繁っている」の昔の言い方ではありません
竹の春だけで、竹があってイキイキとしている様子が表現できると信じましょう
実際、季語にはそれができますから

菩提寺の裏庭にある竹の春
ほんの少し変えるだけで、「言葉がおかしい」とは決して言われないでしょう

みんなに分かる俳句を目指すなら、正しい日本語は欠かせません
日本語クイズなどで楽しみながら学ぶことをおすすめします

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

菩提寺の裏の館や竹の春

回答者 馬場

句歴数ヶ月の素人です。繁くの使い方が変だと感じました。裏庭繁く?竹の春の季語で、勢いよく繁っている様子が伝わるので必要ないと感じます。リズムもあまり良くありませんね。

点数: 1

添削のお礼として、馬場さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

団栗の透ける器や星しずか

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

戦禍あり防寒具なき聖夜かな

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

久々に宇宙の空の梅雨の晴

作者名 喜子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菩提寺の裏庭繁く竹の春』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ