俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の鳥木立の中に隠れけり

作者 あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近くの雑木林にいる鳥です。
ご指摘・添削をお願い致します。

最新の添削

冬雀白い木立でかくれんぼ

回答者 あっきい

拝見させて頂いた時、「かくれんぼ」を絶対使いたいという欲求に駆られまして、下五はかくれんぼとさせていただきました。
我が家も周りには雀が多いのですが、具体的な鳥の映像があったほうがいいかなと思い勝手に雀にしてしまいました。すみません。
中七に工夫の余地があるような気がするのですが…白い枝の木々あるいは雪が積もって白くなった木々をイメージして「白い木立」なんて入れてみたのですが…
もっと良い表現があるような気がしてなりません。

点数: 1

添削のお礼として、あっきいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

朝日照り雨したたりて滲む虹

作者名 荒木美音 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

抜け毛吸う吸い残る毛に玉の汗

作者名 カイ 回答数 : 1

投稿日時:

背中まで汗のウーバーイーツかな

作者名 はちこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の鳥木立の中に隠れけり』 作者: あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ