俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大男の怖さは雷鳴の怖さ

作者 IZMIN  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ガタイのいい人が怖いなと思うことが時々あります。それを率直に句にしました。
威圧感があるだけで、別に自分に危害を加えることはありません。それでも怖く感じるという点が、直接自分には当たらないが大きな音が鳴る雷に似ていると感じました。

最新の添削

その他の添削依頼

冬の夜やバスの座席に紙袋

作者名 かなで 回答数 : 6

投稿日時:

夕焼けや下校急ぎの自転車

作者名 孫春艶 回答数 : 4

投稿日時:

蜥蜴見て区別がつかぬイモリかな

作者名 堀籠美雪 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大男の怖さは雷鳴の怖さ』 作者: IZMIN
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ