俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

垣間見る曇と梅雨晴れせわしけれ

作者 のんき  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

晴れと雨が交互に繰り返すこの時期、いそいそしくこの様が繰り返す状況を詠んでみました
梅雨晴れ・せわしけれとし韻を践んでみたところがポイントです
××と○○とと詠んだところも今回の是非になるかなと思っています

最新の添削

晴れと曇りせわしなきかな梅雨の入り

回答者 IZMIN

IZMINと申します。僭越ながら添削させていただきます。
字数を考えると「曇」は「どん」と読んだ方が良いですかね。

「けれ」は已然形で、係り結びがない限り文の最後には来ません。したがって「けれ」の後に何かが続くことが想定される訳ですが、何が続くのかぴんと来ないのがこの句の評価を難しくさせていると思います。

もう一つ気になるのが、「梅雨晴れ」が「続く雨の中たまにだけ現れる晴間」ということです。揚句のように「変わりやすい天気」を表すのに使える言葉かどうか気になりました。

上記2点をもとに添削させていただきました。
上六と下五で韻を踏む形になっています。

点数: 1

添削のお礼として、IZMINさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

急に蜂必死に逃げるも刺され泣く

作者名 やここ 回答数 : 4

投稿日時:

すっぴんの君麗しき登山道

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

懐手みえぬナイフを持ち直し

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『垣間見る曇と梅雨晴れせわしけれ』 作者: のんき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ