俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

祝日のなき鬱たりし六月か

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句になっていませんが、梅雨の時期を表現しました。

最新の添削

「祝日のなき鬱たりし六月か」の批評

回答者 水玉麒麟

「眺めよき」の添削ありがとうございます。
言葉や漢字、語順などを改めて見直すのが”推敲”なんですね。
五七五を絞り出して空っぽになってますが、俳句はその後の推敲が大事なんですね、ハードル高いなぁ。
丁寧に教えていただきありがとうございます。

六月や十連休のツケ重し
改元と連休に振り回されて仕事山積み…俳句ではなく”愚痴”です。すみませーん。

点数: 2

添削のお礼として、水玉麒麟さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「祝日のなき鬱たりし六月か」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
「旗日」は「はたび」と読み、国民の祝日のことですよ。

拙句「雲の峰」への添削句、ありがとうございます。
いただいたストレートな表現の方がよいかもしれませんね。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「祝日のなき鬱たりし六月か」の批評

回答者 鳥越暁

上手く伝わらずにごめんなさい。
旗日(はたび)は国民の祝日のことを言います。祝日には昔は国旗を掲揚していたことからそう呼ばれます。祝日=旗日ですね。旗日を私が使ったのは単に一文字減らせるからです。誤解を招いてしまったかもしれないですね。言葉足らずでごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

打ち上げや物憂げな部長のお会計

作者名 武照 回答数 : 0

投稿日時:

残高は777や梅雨の星

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

こひびとにこひびとがゐる良夜かな

作者名 知世 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『祝日のなき鬱たりし六月か』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ