俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

今昔潮風涼し岩屋かな

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

古くは、弘法大師や源頼朝も戦勝祈願に訪れたと言う江ノ島の洞窟、岩屋。
暑いなか階段を登ったり降りたり、やっと辿り着いた洞窟に吹く潮風は、ひんやりと清々、心地よいものでした。古人も同じものを感じたのだろうか?と思い詠みました。

最新の添削

「今昔潮風涼し岩屋かな」の批評

回答者 塩豆

初めてましでです。塩豆と申します!
私が思うに問題は、①「今昔」と「潮風」の間の助詞の省略、②中七が終止形になってしまって内容にそぐわない切れが発生してしまっていること。③情報のオーバーラップ、この三つと思います。
大した添削はできませんが一応参考になればと思います。

今昔(こんじやく)の風の涼しき岩屋かな

この俳句の内容は本当に面白いと思います。また、映像化や直接五感に働きかける事が難しいなどの理由から、俳句では昔の事に思いを馳せるのは結構難しいと思うのですが、その点においてはこの俳句はエレガントに対処していると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

春寒やフランチャイズの固い椅子

作者名 かこ 回答数 : 13

投稿日時:

流木は島の子の椅子夏の海

作者名 山口雀昭 回答数 : 1

投稿日時:

ことさらに熱きお茶淹れ暑に耐えふる

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『今昔潮風涼し岩屋かな』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ