俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

電話ボックスのギギギと閉まる扉かな

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんわ。毎度御世話になります。
日頃は拙い添削やコメントにお付きあい頂き有難うございます。

本来は

電話ボックスの「ギギギ」と閉まる扉かな

です。

久しぶりに歩いて帰っていますが今時珍しく公衆電話のあるボックスが目に留まり入ってみました。

しょうもない無季の句ですが何かしらの添削案や御意見がありましたらどうか宜しくお願い致します。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

春光や土踏まず無き赤子かな

作者名 またたび 回答数 : 3

投稿日時:

要望:褒めてください

側溝へ早き流れや梅雨の入

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

囚人の涙に滲む硫黄山

作者名 白南風 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『電話ボックスのギギギと閉まる扉かな』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ