俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

息白し手鏡の皺隠しけり

作者 おうちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます
いつもお世話になります<(_ _)>
起床直後手鏡でよーく見ると息が皺を隠してくれます。

最新の添削

「息白し手鏡の皺隠しけり」の批評

回答者 腹井壮

おうちゃんさん、おはようございます。

寅さんの「それを言っちゃお終ぇーよ」が聴こえてきそうな一句です(笑)俳諧味があって季語が生きています。おうちゃんさんが普段から見落としそうな所に目を向けて生活されているからですね。

若返る魔法の鏡息白し

はやり過ぎでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

隧道の掘削阻む清水かな

作者名 腹井壮 回答数 : 1

投稿日時:

大洗秋風独りベンチかな

作者名 渡 弘道 回答数 : 6

投稿日時:

紫陽花の名残に消える老舗蕎麦

作者名 豆柴 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『息白し手鏡の皺隠しけり』 作者: おうちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ