俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冷えた身を案じる母の柚子湯かな

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はじめまして、白井と申します。俳句を初めて4ヵ月の初心者です。句会で発表する句の1つを添削してもらいたくて、投稿しました。よろしくお願いします。
寒い冬の夜に仕事から帰ってくる子供のために柚子湯を沸かしておく母親(私)の心情です。

最新の添削

「冷えた身を案じる母の柚子湯かな」の批評

回答者 腹井壮

度々恐縮です。

冬至風呂子等の帰宅を待ちにけり

というのも考えてみました。こちらも白井さんの句としても構いません。因みに柚子湯や冬至風呂は冬の季語の一つです。なかなか季語の区別は難しいところはありますがまめに歳時記を開くしかないですね。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冷えた身を案じる母の柚子湯かな」の批評

回答者 腹井壮

白井 百合子さん、こんにちわ。
自分は貴女より少しだけ早く俳句を始めた腹井壮と申します。
宜しくお願い致します。

柚子湯に加えてお母さんの親心が伝わり温もりが伝わる句ですね。ですが原句のまま句会に発表すると指摘されるであろう点が二つあります。
一つは冷えたと柚子湯の季重なり。もう一つは説明し過ぎだという事です。単純に句会での評価を意識するなら

冬至湯や頬赤らむる子の帰宅

頬赤き子等の帰宅や冬至風呂

を参考にされてはいかがでしょうか。柚子湯の代りに同じ意味の冬至湯や冬至風呂を使いました。
このまま句会に白井 百合子さんの句として発表していただいても構いません。語順はどちらが良いか白井 百合子さんが考えて下さい。

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初雪やリフトの爪の白印

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

水鳥の親子のつける波の跡

作者名 本田太郎 回答数 : 3

投稿日時:

さうめんの薬味自生の茗荷の子

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冷えた身を案じる母の柚子湯かな』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ