俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

塵の日は横行闊歩の春烏

作者 元明  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ゴミの日はカラスが塵を散らかすので困っているが、空からカラスがいきなり塵にやってきたり泥棒猫のように静かに塵のところへ近づくのではなく、塵をどうどうと1つ1つ吟味するように悠然と道を歩いている(飛び跳ねている)そんな滑稽な「ゴミの日」の風景を読みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「塵の日は横行闊歩の春烏」の批評

回答者 04422

こんばんは!千日草と申します。
◆ごみ収集烏ツッツキ春嵐
ごみを食い散らかし突然風が吹き嵐のようになったと詠みました。
どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「塵の日は横行闊歩の春烏」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
お世話様です。

「塵」と「横行闊歩」が気になりました。
塵は、ごみとも読むのですが、ちりとまず読まれる危険があり、ここはゴミとした方が読み手は迷いません。
横行闊歩は、もっと烏の動きを観察され、
ご自身のオリジナルな(と感じる)言葉を捜すことをお薦めします。景が不鮮明です。
「は」は、前後の流れで、の、を、や、になどをご検討ください。
言葉選びさえ間違えなければ、お力はあるお方とお見受けしますので。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

糖質を抑え悶えて秋の声

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

散歩路は斜一面韮の花

作者名 しお胡椒 回答数 : 2

投稿日時:

凍鶴や惜別の地の北の海

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『塵の日は横行闊歩の春烏』 作者: 元明
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ