俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

十七忌千日紅を供えけり

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

早くも母の十七回忌となります。
千日紅、千日草とも呼ぶそうです。

最新の添削

「十七忌千日紅を供えけり」の批評

回答者 鳥越暁

拙句「陽炎や・・・」へのコメントありがとうございます。
またしても説明句とのご指摘。どうやら「写生」と「説明」への解釈が私とは違うようです。
手を離れると読み手のものと言います。ご感想、謹んでお受けいたします。

揚句について
整った句だと思います。千日紅は仏花によく用いられますし。十七回忌に千日紅を供えられたのですね。
散文?もう少し情報が欲しいと思ったりします。
万人に通じるか分かりませんが、千日紅が仏花に使われるものと伝わると読み手に委ねるならば、下五に景を入れられそうな気がします。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

駄句作り賢き皆と出会う秋

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

しぐるゝや遠ざかりたる救急車

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

落書きの猫の手じゃらす落ち葉かな

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『十七忌千日紅を供えけり』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ