俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬茜入り江に浮かぶ漁師町

作者 大浦美津子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話になります。夕焼雲に照らされた入り江深くにある漁師町の映像です。 

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

冬茜入り江の果ての漁師町

回答者 腹井壮

大浦美津子さん、こんにちわ。
今年も宜しくお願いいたします。

海沿いにお住まいの大浦美津子さんらしい美しい光景を切り取ってらっしゃいますね。

原句のままだと入り江の中に島があってそこに漁師町が存在しているように思えます。それはそれで良い句だと思いますがコメントに忠実にとなると添削句が近いのではないのでしょうか。
季語が動くという意見があるかもしれませんが冬茜という選択は間違っていないと思います。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋麗ホスピス棟の談話室

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 5

投稿日時:

広告を吊る風船や逞しき

作者名 イサク 回答数 : 6

投稿日時:

五月雨や花散る池の水の泡

作者名 西風子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬茜入り江に浮かぶ漁師町』 作者: 大浦美津子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ