俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

百八の煩悩数えし初昔

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初顔なのに図々しく連投句しています。
添削指導をお願いいたします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

百八の煩悩数え初昔

回答者 腹井壮

西村敏彦さん、おはようございます。

恥ずかしながら季語である初昔を存じておりませんでしたのでこの句のイメージを掴むのに時間がかかりました。
とても面白い句だと思います。おそらく除夜の鐘の数に合わせながら初昔として自からの煩悩を振り返るという意味なのでしょう。
百八の煩悩と今昔というかなり密接した取り合わせが逆に効果的ですね。
勉強になりました。
添削は原句が中八でしたので一音減らしただけです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初蝶やアクリルペンを買いに行く

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

ヒール提げ夜道を歩く跣あり

作者名 まちる 回答数 : 2

投稿日時:

かわせみゃ祭り太鼓の高き音

作者名 さつき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『百八の煩悩数えし初昔』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ