俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吹きて知る温み素馨の香纏う身

作者 Takaschi  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

風の温みに春を知る、新たな季節のために新しく買った香水のジャスミンの香りを纏う。初めての作なので句の作り方を教えて下さい。

最新の添削

「吹きて知る温み素馨の香纏う身」の批評

回答者 腹井壮

takaschi さん、こんばんわ。はじめまして。

俳句は一瞬を切り取る文藝なのでまずご自分の頭の中で一番何を言いたいのか整理してみてはいかがでしょうか。

ジャスミンの香水残る項かな

参考までに。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吹きて知る温み素馨の香纏う身」の批評

回答者 かこ

春風やミドルノートを纏う吾

内容が濃すぎて17音にまとめるのは難しいと思いました。それとジャスミン(植物)は季語ですがジャスミンティーは季語じゃないといったこともあり、香りは読み手の想像に任せて、新しい香水をつけた高揚感に限ったらどうかと思いました。

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蝸牛まろみを帯びた地平線

作者名 矢永 壽風 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

向かい風杉菜のエールいざ行かん

作者名 土屋 羊子 回答数 : 1

投稿日時:

秋の空すぐに変わるよ気を付けて

作者名 うさぎ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吹きて知る温み素馨の香纏う身』 作者: Takaschi
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ