俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猛る三味線月夜の津軽平野

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様こんばんわ。いつもお世話になります。
改めて我が身の未熟さを確認する腹井壮でございます。

前回の添削依頼句も今回の依頼句も同じコンペ(数を詠む 10句まで応募可)で見事バンザイアタックに散った句でございます。

今井聖の
捕手号泣す蜥蜴去る
があまりにもカッコ良くてこの破調スタイルをいつか真似てやろうと思っていました。結果、定型に納まらない時だけ苦し紛れに使えるようになりました。
この道場にこの破調を物にしてしまう人が現れるのは不思議な感じがします。

まずジャパニーズハードロックな三味線が聴こえてきて月に照らされる津軽平野が視覚に入ってくるという構成で詠んだつもりです。

因みにこのコンペの結果は
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/bungaku/haiku.html
で見る事ができます。興味のある方はどうぞ。

それでは御意見・添削をどうか宜しくお願いいたします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「猛る三味線月夜の津軽平野」の批評

回答者 森田拓也

腹胃壮さん

こんばんは。
破調の句もやっぱり、かっこいいですね。
逆に言いますと、俳句では破調でないとこの句のような迫力が出せないのかもしれないですね。
良い映画、映像を観させていただいているような感覚になる句です。
僕もいつか迫力ある破調の句を詠めるようになりたいです。
「津軽三味線」といいますと、素人の僕では激しいとか表現してしまいがちですが、
「猛る」というご表現が、とても印象的に思いました。

点数: 1

添削のお礼として、森田拓也さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

阿吽像するどき眼秋暑し

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

川底に影を揺らして春の鯉

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

暗がりへ猫のかけ込む稲光

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猛る三味線月夜の津軽平野』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ