俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅笑い犬大あくび春の庭

作者 吉田一音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨上がりの今朝は良い天気になりました。 毎朝歩く路行きの野も畑も路地も子ども達も元気いつぱいです。 通り道で見っけた風景です。

最新の添削

「梅笑い犬大あくび春の庭」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます。👋😃☀かぬまっこと申します🎵
梅といえば早春の季語なので春の庭と詠まなくてもよいと思います。
「笑い」が梅にかかるのか「犬」にかかるのか…。
どちらにしろ擬人化ですね。
梅がほころびていることを「梅笑い」としたのかなと思いました。
であれば、「梅が香」はどうでしょうか❔

🔷梅が香や散歩の犬の大欠伸

点数: 3

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

顔見世に揃う花街芸妓衆

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

秋空に吸われし二十歳の焦燥

作者名 白南風と黒南風 回答数 : 2

投稿日時:

竃馬死す便所に宿る花子さん

作者名 花子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅笑い犬大あくび春の庭』 作者: 吉田一音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ