俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

彼岸花ファインダ越しのボードレル

作者 森田拓也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは。
書き直してどうもすいません。

「越しや」という表現は文法的にもおかしいと思い、
「越しの」と改めたつもりなんですけど……。

本当に何回も同じ句を投稿してすいませんでした。

最新の添削

「彼岸花ファインダ越しのボードレル」の批評

回答者 腹井壮

昨日句会の代表(森澄夫の直弟子)に

名月や男の作る手打蕎麦

の取り合わせの解説をお願いしました。
ワタシなり分析しますと要は「考えるな 感じろ」という事になります。俳句にも鍛え上げられた肉体的美と哲学思想が必要な気がします。
遅くなりましたが森田拓也さん、おはようございます。
いつも的確なアドバイスを頂き有り難うございます。

ワタシはギャンブルをしません。ボートレースやオートレースは聞いた事がありますがボードレールなる固有名詞らしき言葉は恥ずかしながら存じておりませんでした。
便利な世の中になったものです。サクッとネットで調べました。
その上で原句を読み直した結果感想として「ふーんなるほどね」ということです。
厳しい言い方をすると作句意図と計算があからさまなんですよね。勿論こういう句を評価する方もいらっしゃいますが森田拓也さんの目指す道としては合致しない句だと思います。

最近の添削依頼の句で良きお手本になるのが

極寒の闇に浮かびし白川郷(添削後 極寒の闇に浮かびぬ白川郷 ) 徹之

寒灯や岬の先の一つまで 大浦三津子

こちらの方向性ではありませんか?勿論自分が勘違いしているだけかもしれませんが。

あからさまな作句意図と計算を隠すならボードレルに対して彼岸花ではなくベクトルと距離を少しずらした季語を斡旋する必要があります。

森田拓也さんは御自分の詩人としての分析力とハオニーさんの理数系分析力をうまくミックスさせる事は予想がついていました。ですがハオニーさんの分析思考はかなり深いです。自分もその分析思考を分析しきれていません。
ヒントになりそうなのが平野こぼ(たしかこの人も理系)の100の発想法シリーズです。
改めて図書館で読み直してみようと思います。

確かに売るためとはいえ本のタイトルって魅力的なフレーズが並んでますよねぇ。

長文失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

昔の我恵方巻に今食欲舞う

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

片口の漏れたる百尾余りかな

作者名 塩豆 回答数 : 5

投稿日時:

試合終へグランド均す冬茜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『彼岸花ファインダ越しのボードレル』 作者: 森田拓也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ