俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪解や高度五百のオスプレイ

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

すみません🙇‍♂️中七が説明になっていたのでやり直しさせてください。

最新の添削

「雪解や高度五百のオスプレイ」の批評

回答者 04422

世良様コメントありがとうございます。入試は季語ではありませんでした。再投句しました。高度五百まるでお化けの空恐ろしいオスプレイですね。僕も体験しましたが爆音と大きさにびっくりしました。その様子を詠んで臨場感を出してみたらよかったなと思いました。
前の事ですから僕はこう詠みました。臨場感ありませんし「冬の山越えわが町にオスプレイ」参考にもなりませんが…

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の風フリーでいられず恋心探し

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

広がる青い空あつし甲子園

作者名 アカール 回答数 : 1

投稿日時:

秋時雨白きネオンの戸を叩く

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪解や高度五百のオスプレイ』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ