俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こっくりと頷くほおに梅ほのか

作者 吉田一音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日の街での光景です。 初々しさを感じさせる 二人を見かけました。 通り過ぎ際に 写った女の子の頬が印象に残ります。

最新の添削

「こっくりと頷くほおに梅ほのか」の批評

回答者 たけたけ

吉田一音様
コメントをくださって、ありがとうございます。
「風やわらか」という季語、素敵ですね。
教えてくださって、ありがとうございます。

こちらの句は可愛らしい、微笑ましい句ですね。
「ほお」は「頬」と漢字にしていただいた方が読んだときにすんなりイメージできて良いかなと思いました。
でも、可愛らしさを表現されるために考えて、ひらがなを選ばれたのかなと思います。

点数: 0

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「こっくりと頷くほおに梅ほのか」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃はじめまして✨かぬまっこと申します🎵(*^^*)🎶

「こっくりと」が要らない気がします。頷くでその景色は言えているのではないでしょうか❔それよりも女の子と入れた方が良いのではないかな✨デート中の二人なら娘とした方が年齢が推察できますね。

🔷娘子の頷く頬に梅ほのか

🔷娘子の頷く頬や梅ほのか

私としては「や」で切った方が好きです。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

若さとは祖母に教わる敬老日

作者名 Gin 回答数 : 1

投稿日時:

人妻を想ひ溽暑のウヰスキー

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

湖心より湧くごと鴨のはね出づる

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こっくりと頷くほおに梅ほのか』 作者: 吉田一音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ