俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

声援に右手を振りて春を撒く

作者 吉田一音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2月3日節分は 別府大分毎日マラソンがありました。私の町でもハーフマラソン大会があり、久しぶりに走ってまいりました。 声援はたいへん元気を頂けます。 走りながらに出来ることは手を挙げて応える程です。 天気に恵まれ良い大会になりました。

最新の添削

「声援に右手を振りて春を撒く」の批評

回答者 腹井壮

吉田一おんさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。

内容としては申し分ないほのぼのとした句だと思います。

声援に春を振りまく右手かな

声援に春を振りまく笑顔かな

語順とリズムを整えてみました。
参考になるば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

片麻痺の足なでながら春思ふ

作者名 森本可南 回答数 : 5

投稿日時:

晩秋の古書に煙草の香のほのと

作者名 つちや郷里 回答数 : 7

投稿日時:

老いてより往く道中や五里霧中

作者名 日野寅馬 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『声援に右手を振りて春を撒く』 作者: 吉田一音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ