俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

立春の葉の雨露の清きこと

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今度は季語周辺を詠んでみました...オリジナリティ出すのは難しい...😆類句沢山ありそう

最新の添削

「立春の葉の雨露の清きこと」の批評

回答者 たけたけ

世良日守様
いつもコメントをくださって、ありがとうございます。竹内です(*^-^)
娘のお友だちはみんな本当に優しくて…娘は友達運がとても良いようで、嬉しいです。
ただ来年、引っ越し予定で絶対大泣きしてしまうから辛いですが…😞💦

こちらの句はイメージのわく美しい光景だなと思いました✨
感動の瞬間が本当に綺麗ですね。
下五がとてもゆったりしてるのも作戦なのかな?と思いましたが、「清し」で切ったり、「の」が3つ続くので何か別の方法はないかなとも思いました。
でも、私の力ではお役に立てず…すみません。光景は本当に美しくて、うっとりします✨

点数: 0

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「立春の葉の雨露の清きこと」の批評

回答者 北あかり

世良日守さん
こんばんは、北あかりです。
いつもコメント、添削ありがとうございます。
「鮭とば」「とば」は普段から使う言葉ではありますが、漢字「冬葉」は私も初めて知りました。
「はぐれ猿」ですが、本句では独身男としての意味で詠みました。アウトローのような強い意味を持つ言葉としてイメージがあり、使うかどうか悩みました。やっぱり、やらかしちゃいましたかね。
さて、掲句ですが、葉っぱについた雨露の透明感がいいですね。透明感をそのまま表現してはどうでしょうか。
立春や葉の雨露の透き通る

点数: 3

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「立春の葉の雨露の清きこと」の批評

回答者 腹井壮

世良日守さん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

俳句は基本的に「美しい」「悲しい」など主観的表現は避けたほうが無難です。成功例もありますがこの句の下五は再検討されたほうがよろしいかと思います。
参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ペチュニアの道端に咲くこぼれ種

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

野牡丹に目でうなずくや麻痺の母

作者名 荒井ゆみ子 回答数 : 1

投稿日時:

底冷や小姑離婚するらしい

作者名 めい 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『立春の葉の雨露の清きこと』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ