俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

引越の白きトラック冬麗

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、おはようございます。いつも御世話様です。

昨年、一人吟行中に詠んだ見たままの句です。見たまま詠んだわりには取り合わせの距離感が悪くなかったと思いましたが皆様のジャッジは如何でしょうか。忌憚なき御意見と添削案をお待ちしております。

ところでパチモンの腹胃壮さんお久し振りです。
日本の石油資源並みに乏しい語彙力で必死にコメントする姿に胸が熱くなりました。
これからも猿のセン○リにも満たないコメントを楽しみにしています。
どうか宜しくお願い致します。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「引越の白きトラック冬麗」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!
カレー事件なつかしいですね、、。
実体験から詠んだからでしょうか、非常に素直で手堅い俳句であると一読して感じました。
最高レベルでこの句を評価する人がいるかいないかは別として、この句を評価しない人は少ないだろうという、そういった読み手にやさしいタイプの良句と思いました。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「引越の白きトラック冬麗」の批評

回答者 和光

腹井壮様。こんばんは。和光です🌅添削ありがとうございます🍀寒雀は防寒対策ですね。[揺るる]は連続性が有ると思いました。添削句は参考にしたいと思います☆

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

引越しの白きトラック冬麗

回答者 西山ゆり

腹井壮さん、コメントありがとうございます。
冬麗(ふゆうらら)分からなかったので調べてみました。冬の日光に照らされた麗らかな季節ことだそうですね。とても綺麗な季語だと思います。
あえて直すなら、
「引越しのトラック白し冬麗」でしょうか。でも、そのままで十分綺麗な俳句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、西山ゆりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

卵酒沁みこむ朝の日差かな

作者名 本田太郎 回答数 : 3

投稿日時:

将棋指し縁台の夏巡り来ぬ

作者名 詩音 回答数 : 3

投稿日時:

ぐつふつと焼ける豆腐や冬浅し

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『引越の白きトラック冬麗』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ