俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

裸木を夕日が照らし柿一つ

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

葉が全て落ち、みだけが残っている柿を見ました。
年齢を重ね、出来る事がだんだん無くなってきた自分と柿が重なって。甘さを増し頑張っている柿が愛おしくなって読みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「裸木を夕日が照らし柿一つ」の批評

回答者 腹井壮

鴨長迷さん、こんばんわ。はじめまして。

見た光景をきちんと五七五に残そうとする意思を感じます。ですが語順を整理しないと読者に伝わりずらい気がします。

柿一つ揺るる裸木(らぼく)に夕日かな

対象を小→中→大へと変化させてみました。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「裸木を夕日が照らし柿一つ」の批評

回答者 04422

鴨長迷様初めまして。千日草です。半年経ちましたが、一つも上達しない人間です。
コメントは出来ませんが下手な添削を今年は目指してみようと思います。失礼なコメントになるかと思いますがお許しください。
◆裸木の残りし柿の夕日かな 🙇 柿に夕日かなとしたかったのですがにだと説明的になるかもと思いまして…

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蛍火や君の横顔あーまいぞ

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

辻楽士の手風琴の音風薫る

作者名 みそまめ 回答数 : 5

投稿日時:

特攻の少年兵や終戦忌

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『裸木を夕日が照らし柿一つ』 作者: 鴨長迷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ