俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ガラス越し梢を揺らす北の風

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕方行った眼科で待っている間、窓ガラス越しにオリーブの枝が揺れているのが目にとまりました。どこまでも続く真っ青な空にオリーブ、地中海を思わせる光景に、北風。美しかった。

最新の添削

「ガラス越し梢を揺らす北の風」の批評

回答者 唯我独善

唯我独善と申します。
よろしくお願いいたします。🙇
コメントに少しでも近づけようと、やや欲張って詠んでみました。新年でもあり、季語は春を感じる「初東風」としてみました。投稿句の「ガラス越し」は「窓の」の三音でほぼ表現できそうです。「揺らす」の説明は相手が風ですので不用かと。
◆初東風や窓の梢の先の空
「の」の多さを嫌うようでしたら、参考にしていただき、せっかくの素敵な景色ですので、推敲して納得の行く句に仕上げてみてください。🙇

点数: 1

添削のお礼として、唯我独善さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海の日や籠一杯のミニトマト

作者名 白井 百合子 回答数 : 7

投稿日時:

年の市異人もすなる啖呵売

作者名 西村敏彦 回答数 : 2

投稿日時:

水温みふつうのサンドイッチ食ふ

作者名 かぬまっこ 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ガラス越し梢を揺らす北の風』 作者: 鴨長迷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ