俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

川の土手花びら舞ふや花筏

作者 博充  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

土手の桜が散って下の川に花びらがいっぱいになっていました。

最新の添削

「川の土手花びら舞ふや花筏」の批評

回答者 めい

博充様。こんばんは。
御句には、土手の桜と川面の花筏という光景が2つあります。
もちろん、比重は、花筏の方が、重くないといけません。花筏が、季語であり、主役ですから。
しかし、この中七が邪魔をするのです。
土手の桜にもかかるし、花筏にもかかってきてしまう。実にやっかいです。
▪花筏今夜父さん泊まるらし
季語に、全く無関係のものを持ってきて、二物衝撃としました。
🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「川の土手花びら舞ふや花筏」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

◆「花筏」のある状況を十七音で説明しようとしている、と感じます。

◆「花びら舞う」と「花筏」があまりにも近すぎて、お互いに生きなくなっていると思います。
(ここで議論するつもりはありませんが、私は「桜の花びら」の意味で使う「花びら」は季語であると思っています)
◆三段切れっぽさも気になります。
 上五を字余りにして「川の土手の」など助詞を補えば解決します。ですがそれ以前に季語の説明となっている上五中七が気になりますので、言葉や語順の大幅変更を・・

俳句は、季語を説明する必要はありません。
むしろ季語自身が「詩」なので、余計な説明は不要です。

御句とコメントの情報からなら、たとえば「川」との取り合せでしょうか。

・しめやかに流るる川や花筏

季語「花筏」の力で、近くに桜が咲いていて、少しずつ花びらを川に落としているのは想像できると思います。
他にもいろいろな方法がありそうです。俳句ならばまずは季語を信じましょう!

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪柳や屋根飾り垂れ池鯉鮒祭

作者名 弥平 回答数 : 1

投稿日時:

夕虹やひとさし指のテーピング

作者名 卓鐘 回答数 : 2

投稿日時:

三分が待てぬラーメン登山小屋

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『川の土手花びら舞ふや花筏』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ