俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

プチプチを潰して過ごす年の暮

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

映像を持たない季語、年の暮(^.^) 映像化が難しく感じます。プチプチって、正式名には何だろう?緩衝材かな...

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「プチプチを潰して過ごす年の暮」の批評

回答者 腹井壮

世良日守さん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

実に面白い取り合わせですね。あのプチプチは緩衝材の中の一種類なので

年の暮緩衝材をプチプチと

としてみました。上五を「年の瀬や」にしようかとも思いました。しかし、しみじみとした感がある「年の暮」のほうが相性が良さそうですね。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「プチプチを潰して過ごす年の暮」の批評

回答者 たけたけ

世良日守様
いつもコメントありがとうございます。竹内です(*^-^)
そうですよね!
私も「場所+に」って気をつけないといけないと思っていて、でも、どう気をつけていいかわからず…前に腹井壮様やかぬまっこ様にいろいろ教えていただきました。

「に」を使わないように「で」を使い、こんな句を秋に詠みました。
🔸父の背でまどろむ帰路や秋祭
でも、場所を意味する助詞「で」は、下にくるものが動きのある意味の場合に用いるそうです。
静的な意味の場合は、「に」の方がなじむとのことでした。
私の句もまどろんでいて静かな光景なので「に」を使うべきでした。

夏井先生の本にも同じことが書かれていました。
「管理室に仮眠しており○○(季語)」
これも静的な意味だから「に」を使っていました。

長くなって、すみません💦
助詞は奥深くて、難しくて、私もまだまだ使いこなせません😖💧
助詞の選択を間違えないようになりたいです。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

問うてみる彼か娘か夏海に

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

水澄むや子らぽいぽいと靴脱ぎて

作者名 はや 回答数 : 6

投稿日時:

河童忌や本のしおりは胡瓜の絵

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『プチプチを潰して過ごす年の暮』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ