俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

湯気の窓山茶花の紅の一片

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自分の添削依頼に掲句されておりました。
作者は大浦三津子さんです。

コメントをそのまま以下に転載しますので皆様宜しくお願い致します。

>朝の温度差で曇った窓の外に山茶花が一片落ちている、それも淡く仄かに見えているという情景です。
どう考えても上手く詠めません。宜しくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

秋暑し夜舟で星を若夫婦

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

夏休みどう過ごすかは君次第

作者名 毛利 虎太郎 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

蒲公英やダッグアウトに車椅子

作者名 南風の記憶 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『湯気の窓山茶花の紅の一片』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ