俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風薫る母のカレーよ夜半の冬

作者 沼尻 有宇  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

帰り道、家近くになり、母の作るカレーの香りがして、団欒姿を想像しながら帰るさまを書きました。

最新の添削

「風薫る母のカレーよ夜半の冬」の批評

回答者 森本可南

季重なりかな?風薫るのは、確か初夏だったはず。季語についてはイサク様に、お聞き下さい。私は、まだ勉強不足なのです。

カレーの香り、共感です。
特に母のカレーは、特別ですね。その家によって、味が微妙に違いますね。楽しみながら、いそいそ歩く様子わかります。

しかしながら、冬なのであれば、母のシチューのほうが共感を得られるような気がします。

帰り道母のシチューよ夜半の冬

季節が冬であれば、こんな感じでどうでしょう?

指摘事項: 季重なり

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

みつ豆や夫には言えぬエトセトラ

作者名 感じ 回答数 : 3

投稿日時:

街道のまばらな人や花の雨

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

竹の秋旬をつつみて子を思ふ

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風薫る母のカレーよ夜半の冬』 作者: 沼尻 有宇
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ