俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

前の夜に吹流し縫ふ織女かな

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

感想をよろしくお願いいたします。

最新の添削

「前の夜に吹流し縫ふ織女かな」の批評

回答者 竜子

ケント様 こんにちは!
お世話になります。
拙句の漆黒のコメントありがとうございます。
黒い海に白く輝く天の川の対比を詠んでのですが、ダメでしたね。
アルプスの跨ぐを跨ぎとしたのは跨ぐ終止形と連体形となり下五の天の川(名詞)に続くので連体形となり、句が切れないと俳句の本に書いてありました。
素人なので本の受け売りです。すみません。
御句
織女は七夕の季語の傍題でしたね。
下五を星祭とした方が初心者には分かりやすかな?と思いました。
素人の感想でごめんない。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の山剥かれて匂ふ杉丸太

作者名 とまと 回答数 : 2

投稿日時:

回る寿司器のこだわり消えていゆく

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

次の手に迷ひ扇子を閉ぢにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『前の夜に吹流し縫ふ織女かな』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ