俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

魔の山を置き去る赤城颪かな

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の風vol.4
実家の冬は、空っ風ばかりでした。赤城颪は、関東では有名です。草津、伊香保、四万などなど温泉が沢山ありますが、平野は東京より雪が降らない、ただただ毎日が北風とのバトルでした。これもノスタルジーでしょうか?🙇

最新の添削

「魔の山を置き去る赤城颪かな」の批評

回答者 腹井壮

唯我独善さん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。上五中七の「魔の山を置き去る」がどうも映像として頭に浮かんできませんでした。おそらく住んだ事のある人には実感のわくフレーズと思われます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泉噴き酸素を森へ放ちたる

作者名 そうり 回答数 : 14

投稿日時:

嬉し陽炎かまど町やっとかめ

作者名 小野 豊 回答数 : 2

投稿日時:

枡型の城門抜けて梅探る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『魔の山を置き去る赤城颪かな』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ