俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

処暑となり知らない自分そうなのか

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私は彼から松田聖子とみゆき(本名)は、心臓に毛が生えてるよ、と言われた。自分ではよくわからなかったが相当ズーズーしい人間なようだ。でもそれくらいでないと、私の様な失敗だらけの人間は、生きていくのが難しいのだ。私は松田聖子のように可愛くない。大柄でここ最近は太った為、まるでプロレスラーのようだった。よく太っていると言われるので、5キロ落としたが。これからもズーズーしく生きていくのだろう。少しは乙女チックになりたかったが、ロマンチックが好きなのに、現実の私はただの厚かましい人間なのか…。

最新の添削

「処暑となり知らない自分そうなのか」の批評

回答者 こま爺

こんばんは。

自問自答してみる。そういうのもありですね。よく似た手法に『かもしれぬ』があります。
”処暑なるを私知らないかもしれぬ”

かもしれぬを使い、カタログハウスで佳作をもらいました。(自慢するほどのものではないですが)

今後ともよろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の夜星座覚えしスマホにて

作者名 中村あつこ 回答数 : 0

投稿日時:

ぼくが君のお兄ちゃんだよ雛祭り

作者名 ちゃあき 回答数 : 7

投稿日時:

踏切のわきに群れゐる曼珠沙華

作者名 つちや郷里 回答数 : 14

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『処暑となり知らない自分そうなのか』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ