俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇

作者 金太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ご指導ください。

最新の添削

「ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇」の批評

回答者 ケント

こんばんは。
暦は、すでに秋ですね。
季語ちちろ虫、本季語蟋蟀。
5音なので、ちちろ虫を使われたのですか?
御句の場合、蟋蟀でいいと思います。(特別、ちちろ虫を使う理由があれば別ですが)
中7が少し平凡に思われますので変えてみました。

蟋蟀の見えねど鳴くや夜の闇

これがベストとは言えません。
中7をご自分でまた検討されるといいと思います。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

こんにちわ
ちちろ の ゛ろ ゛だけどうしてカタカナなのでしょう 思わず 蟋蟀とはまた別ものかと 調べました が 蟋蟀のことですよね
入力後は確認されたほうが良いと思います。と いう私もやらかしますが。😓
すみません、指導にもなんにも なりませんでしたね

点数: 0

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

こんにちは
夜になると涼しくなりちちろ虫もなく季節になってきましたね

さて、本句ですが「ちちろ虫」と書けば鳴き声は自然と想像されますね
その分を他の描写にもっていってはいかがでしょうか
 ちちろ虫夜の闇へと二三匹

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜桜や職員室の灯り消ゆ

作者名 はちゃ 回答数 : 2

投稿日時:

秋の田や水路の鯉の息づかい

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

漬物の桶につつまし薄氷

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇』 作者: 金太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ