俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

バス停の海の匂いの帰省かな

作者 やまの はるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ちいさな 漁村で育ちました

最新の添削

「バス停の海の匂いの帰省かな」の批評

回答者 ケント

こんばんは。
昭和の良き時代を彷彿させてくれる良い句ですね。
マイカーのまだそんなに普及していなかった頃、電車とバスを乗り継いでふるさとへ。
バス停に着く前からすでに潮の香りが。
バス停に潮の香漂ふ帰省かな
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「バス停の海の匂いの帰省かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

水谷さん、またまた、こんばんは😐
お世話になります。

情景が感じられて、良い句と思います。
「帰省かな」が、何かあっさりし過ぎていると思いました。
「バス停の海の匂ひやわが故郷」
とか… あ、季語がありませんね…😅
「バス停の海の匂ひや盆帰り」
あまり変わりませんね……😓
すいません😣💦⤵️

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

車窓から潮の匂いとあの子の香

作者名 白南風 回答数 : 5

投稿日時:

糖質を抑え悶えて秋の声

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

珈琲のミルク渦巻く春炬燵

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『バス停の海の匂いの帰省かな』 作者: やまの はるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ