俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

トマト食むその冷たさに驚きぬ

作者 岸本義仁  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おもいっきりトマトをかじったら、その冷たさに思わず驚いてしまった。

最新の添削

「トマト食むその冷たさに驚きぬ」の批評

回答者 なおじい

岸本義仁さん、こんにちは。
御句拝読しました。
これは私もありますよ。驚きますよね。こんなに冷やさなくてもいいのに!とか思います(笑)。

厳しくしてくださいとのことですので、やはりまたコメントします。うるさい人だなとか思わないでくださいね(笑)。

俳句では「驚いた」「気づいた」とかの動詞はあまり用いません。なぜなら、驚いたから、気づいたから俳句にしようと思ったのであり、驚きも気づきもしなければそもそも俳句になりませんよね。ですから、たった十七音で思いを伝えるために、そういう言葉は省略します。それでも上手く詠めば、読み手は「あ、この人は驚いただろうなあ」とか、「この人はここで気づいたんだ!」とか想像してくださいます。

ではどうしたらいいか。先に宮武さんがヒントをくださっていますね。それをお借りして、

・トマト食む前歯奥歯の冷たさよ
・トマト食む冷たさの歯に浸み通る

これだと「歯」という具体的な要素が加わったことで、映像や感覚がより明確になると思われます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

病院の廊下は迷路夜の蜘蛛

作者名 白井百合子 回答数 : 4

投稿日時:

夜風と川道が知る涼み舟

作者名 胡 秋興 回答数 : 1

投稿日時:

虚子忌とは宇宙を詠ず日なりけり

作者名 あらちゃん 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『トマト食むその冷たさに驚きぬ』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ