俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

静まりて熱気を纏い花火待つ

作者 やす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花火が始まる瞬間の、一瞬静まり返って息を呑むような雰囲気を詠みたいのですがなかなか上手く詠めません。
静かになった瞬間、周りの人の熱気を感じました。

最新の添削

「静まりて熱気を纏い花火待つ」の批評

回答者 卓鐘

こんにちわ

題材がむちゃくちゃいいですね!俳人の着眼点だと思います。訓練として僕もこの題で作ってみようと思いましたが、でてきません。

花火まつ詩の咲く言葉まつやうに

困った時の比喩笑

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「静まりて熱気を纏い花火待つ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

やすさん、こんにちは。
御句拝読しました。おっしゃりたいことはわかります。しかし十七音でそれを表すのは結構難しいと思います。
原句は動詞が重なり、何かの段取りや手順、準備を示すような構成(まず◯◯して、次に◯◯、最後に◯◯する)になっています。あまり俳句向きではありません。
一応作ってみましたが自信ありません。

・静寂のなか揚げ初むる花火かな
・熱帯びし沈黙のなか花火会

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ハ方を睨みし龍や堂冷ゆる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

花は葉に制脳権は今もなほ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

空っ風掃けど集まり渦巻いて

作者名 櫛谷恭子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『静まりて熱気を纏い花火待つ』 作者: やす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ