俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

色薫る山のかんざし藤の花

作者 西戸 操子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩道で見かけた野生の藤の花がこんもりとした木々に絡まって美しく咲いている様子を表現しました。

良いところと悪いところを教えてください

最新の添削

「色薫る山のかんざし藤の花」の批評

回答者 なおじい

西戸操子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
良いところと悪いところとのことですが、良いところは、藤の花をよく観察なさって、「山のかんざし」ときれいに形容なさっている点ではないでしょうか。
一方、悪い点ということではないですが、これは藤の花という季語の説明になっている点です。
先ほど、もう一つの句のほうで申し上げたのですが、季語にはそれぞれ含みの意味があり、藤の花はそれ自体に、香るような色合いで、そのまま髪飾りのような風情であるというような意味があります。
ですから、藤の花で俳句を詠むときは、もうその言葉を置いただけで、読み手はそういう雰囲気を汲み取ってくれると思っていいと思います。

ですので、

・散歩道花柳流の藤の花

とか、即吟で申し訳ないですが、もう、藤の花の良さはいいから、そこにオリジナリティを置くとかを考えればいいのです。

以上、本当は初めての方にとても上手く説明してくれる方がいるのですが、事情があってちょっとお休みしていますので、代わりに私がコメントしました。その私も今日は出張中で落ち着いて文章作れなくてすみません。
懲りずにまた送ってください。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

からっ風ダックスフントを懐に

作者名 かこ 回答数 : 17

投稿日時:

焼酎のお湯割りちびり春の雨

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

着膨れて歩留まりわるし寒雀

作者名 和光 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『色薫る山のかんざし藤の花』 作者: 西戸 操子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ