俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

凍星や破れし国の山河燃ゆ

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳人と称する方達は八月になるとこぞって戦争俳句を詠み始め九月になると戦争など無かったかのように秋を詠嘆し始めます。

四季のはっきりした日本と忘れやすい国民性ならではなのでそれを批判するつもりもありません。

ですが、自分で自分の事を俳人などとはアリンコのオシッコ程も思っていない上にひねくれた性格なのでこの時期になって戦争俳句も震災俳句も詠みます。

少々難解に思えるかもしれませんがことわざの「国破れて山河あり」を捩った句です。

現実には敗戦国にいつも山河が残されているとは限らないのです。

先日の句会では凍星と燃ゆの対比が狙い過ぎとの指摘がありました。

皆様の忌憚無き御意見と添削を頂きたいと思います。

宜しくお願い致します。

最新の添削

「凍星や破れし国の山河燃ゆ」の批評

回答者 森田拓也

腹胃壮さん

こんにちは。
いつもお世話になり、どうもありがとうございます。
腹胃壮さんに、いつも作句における発想の大切な転換法を学ばせていただいています。
腹胃壮さんは、やっぱり句会という実戦で日々、俳句人生を過ごされているので、
とても羨ましいなと思います。
やっぱり句会で、自らの俳句が磨かれていくと思うので、羨ましいです。
そうそう、歳時記なんですけど、数冊持っているのですが、
『角川 季寄せ』は本当に便利ですごいですよね。
一番、使っています。

この句は、とても鋭い目で世界を見つめておられる方こそが詠める句だと感じます。
鋭い目と同時に、とても正直な心境で詠まれた句ですよね。
たしかに、壊滅的に何もかもが残らない状況がありますもんね。
この句から、今まさに破滅的な熱い炎に焼かれてしまう、
そんな感覚になる句です。
どこか漢詩的な硬質な雰囲気もありますね。

点数: 1

添削のお礼として、森田拓也さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

凍星や戦勝国の踏む山河

回答者 ハオニー

私も、秋が過ぎ去ってから(自称)素晴らしい秋の句が出来るタイプの人です
ですから、戦争の句を8月にしか詠んではいけないとは微塵も思いません

句を私なりに噛み砕いてみました
凍星と破れた国の関係は空虚で興味深いものがあります
この言葉の組み合わせは面白いです

句会での指摘は「狙いすぎ」とのことですが...
凍星の澄んだ空気を表しているかのような季語と、何かが燃えるイメージの12音は少し違う気がします
この句の主役は「凍星」ですから、そのイメージが発揮されるような12音のフレーズがいいと思います

私なら「敗戦国」の滅びかけた山河の描写ではなく、「戦勝国」が「敗戦国」の山河を制したような書き方をします

「国破れて山河あり」はすぐ気づいたのですが、この言葉があると作戦の妨げになるので外すしかなかったのです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

亀鳴かむイジメパワハラ消えし世に

作者名 山口雀昭 回答数 : 1

投稿日時:

茶を被す風花一つ無垢の世界

作者名 沼尻 有宇 回答数 : 0

投稿日時:

春の朝夢の列車は走り出す

作者名 翔子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『凍星や破れし国の山河燃ゆ』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ