俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕焼けや父の写真の初入選

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

父の写真が初入選した時のこと

最新の添削

「夕焼けや父の写真の初入選」の批評

回答者 葉月庵郁斗

カーネーション句コメントありがとうございました。
漱石の句、素晴らしいですね。
拙句は所詮ボツ句です(笑)
御句字余りも許容範囲だと思います。
無理やりしたら五七五に収まりますが
諦めました🙏
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕焼けや父の写真の初入選」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

佐渡さんへ
おはようございます。
御父さんの撮られた写真が夕焼けの風景だと思いましたが
違いますか?
それとも、夕焼けを見ながら御父さんのことを偲ばれているのでしょうか?
句意コメントでは分かりませんでした。
夕焼けの写真や父の初入選
読みが違いますでしょうか?
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けや父の写真の初入選」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

佐渡さんへ
再訪です。
御父さんのアルプスの写真奇麗でしょうね。部屋に飾ってありますか?
半ズボン句はもう一個あって、
半ズボン穿いて老い知る脚の脛
と詠んだのですが、佐渡さんの提案句のように、まだまだ元気で半ズボン穿くべし!
ですよね。お互い。飯もバクバク食って。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

林行くどんぐり数え百を越え

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

初夏の風水杭止める柳かな

作者名 野間たえ 回答数 : 1

投稿日時:

白風や乳房のやふな釘隠し

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕焼けや父の写真の初入選』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ