俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

せせらぎの流るる音と木々の声

作者 さくら  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは
俳句初心者なので色々指摘をもらえたら幸いです
これからいい俳句を詠んでみたいのでお願いします

最新の添削

「せせらぎの流るる音と木々の声」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
はじめまして、げばげばと言います。

火花さん、厳しくしてください、といきなりチャレンジャーですね、つちやさんが厳しくもやさしく伝えてくれています。

無季のチャレンジでないのであれば、季語の力をかりたいですね。
あとは「流るる音」がせせらぎと重複しています。つちやさんのおっしゃる通りですね。

たとえば、
せせらぎ〇〇〇〇〇〇〇〇夏木立
と、下五に季語を置いてみましたが、中七まるごとまだ使えるじゃないですか。そこでもっと読み手に光景をとどけることもできるようになります。
同じように「せせらぎ」と「木」を用いた句でも、

せせらぎに濯ぐコッヘル夏木立

たとえば、モノを出してみます。コッヘルというのはキャンプ用小鍋みたいな。
そうすると、読み手は、ここに書かれてるコッヘル以外にも、夏木立のおかげで、キャンプの様子とか、そこにいる人々とか、風の音とか鳥の声とか想像するじゃないですか。こういう想像の余地や想像の奥行、これがつちやさんの言う内容がスカスカかどうかということだと思います。

まずは、季語ですね。もしこれから本当に俳句を楽しみたいーと思うなら、まずは歳時記を手に入れてください!一冊で全部の季節が入っているものでいいと思います!
俳句って奥深いですけど、とっても楽しいですよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「せせらぎの流るる音と木々の声」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

木の葉に火花さんこんにちは。

御句
季語がありません。
・せせらぎは流れる音のことなので、「流るる音」は不要です。
・「木々の声」の意味がわかりません。
・句の内容がスカスカです。

俳句は本来字面だけで評価するものですが、こちらのサイトは人に添削をしてもらう場所なので、説明文にどんな情景を詠みたかったのかなどを書いてもらえると助かります。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

扇風機暑さを凌ぐ赤だるま

作者名 天心 舞 回答数 : 1

投稿日時:

野良猫よ見つむる虹は七色か

作者名 卓鐘 回答数 : 8

投稿日時:

朝顔や次々咲いて子の笑顔

作者名 お七 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『せせらぎの流るる音と木々の声』 作者: さくら
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ